[PR] 美容整形 下衆男児の生態ファイル 忍者ブログ
下衆イズム溢れる青年による、共感してはいけない日記。 最近ハタチになった。
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 前回、政界がモテ格差是正に今後取り組んでくれるだろうと期待しつつブログを書き終えたワケだけども、あべし!と言わんばかりのイキオイで安倍氏が総理をやめちゃって、これはもしやボクのブログを見た安倍氏が己の醜態を思い知らされた挙句、何もかもイヤになってしまった結果なんじゃないだろうか…あわわ~、ボクのせいで日本の行政機構が麻痺しちゃうなんて…責任とって、サスペンダー一丁のイデタチで隣人のオバさんに求婚する様をネットに晒します!

 …なんて考えられるような、イタハッピーな生活に憧れて久しいワケだが、実際にボクが考えていることと言えば、そうだなあ、例えばこの前、違法スレスレのつまらなさを誇る「予備校講師のオチが無い雑談」ってのを聞いてたんだけどね。どれくらいつまらないかと言うと「登場キャラが殴られた時、待ってましたとばかりに『あべし!』とか言うギャグマンガ」くらいなんだけども、まったく見るたびに「またかよ」とか思わされるしどうかと思うんだけど、あれ、ボクも冒頭でちゃっかり使って…いや、あべしの話は別にどうでもイインダッタ。いや~パイシツパイシツ!

 このままじゃ収集がつかなくなるですよ、と天の声(CV.桑谷夏子のマネをする細木数子)がしたので話を戻そう。そうそう、とにかくボクはそのヤマ無しオチ無し意味も多分無しな話に辟易して、あんなことに思いをめぐらせたんだ。

「『聖少女領域』→『せいしょうじょりょういき』→『せいしようじょりよういき』→『せ…幼女領域』」…!!プッ、ククク…!ヤッベすげーおもしれえ!ヤッベすげーおもしれえ!バカっぽくてすごく笑えるよね~☆」

 とかね…。いや、マジな話、これ今思いついたんじゃなくて、説明通りの状況の下で閃いたのよ。べ、別にロリコンなワケじゃないんだからね!!ロリコンフェニックスは好きだけどロリコンじゃないんだからね!!(いや、ロリじゃないですホント…でも、強気なお姉さんは大好きですよ、グヘヘェ)

 んで、そのギャグ(?)、思いついたその時はちょっと自信あったんだけどね、改めて冷静な目で見てみると…なんてこったい、講師のオチ無し雑話、すぐあべしとか言うマンガ…これら歴戦のアルティメット・ツマンネ達をも超えた、悲劇的なまでのつまらなさを誇るものがこの世に存在するなんて…。敵は身近な所にいるということなのか。

 この枯渇した心にオアシスを造る―――それにはやはり、モテ格差を是正して、こんなヒワキモいことを考える必要性を排除するしかない。福田か麻生か、オタクという立場から言えば当然のように麻生に期待してるよというべきなのだろうが、ボクは正直麻生太郎はあまり好きではないので福田に期待すべきか…。そうだ、おいマスコミ!オタクがなし崩し的に麻生支持にまわってるかのように報道するのはやめたまへヨ!偏向なこと極まりないとボク思う!偏見を持っちゃダメだよって先生に習っただろ!?

 …で、まあ情勢からしても福田氏で決まりそうなんだけれども、どの程度モテ弱者に配慮を見せられるか…。少子化問題とも関わってるし、一億総モテに期待できるような明るい未来を、あの流れ星に願うよ。
PR
 骨皮は激怒した。このブログの荒廃っぷりにだ。下衆の観点から社会の問題を汲み取り、追及するという、ドプリと音を立てるほどの使命感に溢れていたこのブログ。

 しかし、書かれていることといえば、夜の繁華街にこだまするキモオタの叫びだけだ。生物の存在意義が、子孫繁栄という形での個体数増加にあるとすれば、今ボクはまさに、激流を全身で受けとめつつ滝を登らんとする鮭のごとく、己の持てる全てをもってして生物としてのあるべき道から外れているというか、人として軸がぶれているっつーかね。

 いや待てよ、逆境に屈せずあくまでエデンの園を目指すボクの姿、これはちょっと、かっこいいと認めざるを得なくね!?ヤッベ!明日世界中のコネコチャン達がボクの家を目指して大移動し始めたら、日本中が大渋滞になっちゃう!もしかしたらモニターの中の美女達も「この人の為ならアイデンティティ捨てれるワ!」とか言って飛び出てくるのでは…!?クエックエックエッ!ワクワクを100倍にして!パーティーの主役になろう!

 …とまあ今書いた部分も含めて、こんなキモい自分にAI(哀)がとまらない!って寸法さ。大体よく考えたら、鮭が滝を登るのは交尾して卵作る為なワケだから、生物として思いっきり生を満喫してるじゃん。ボクには一仕事終えた後の鮭の顔が、達成感と自尊心に溢れている様子が、わかる…。鮭…その妙な歯ごたえのある瞳で、一族の未来をも見据えていると言うのか…羨ましい、そして妬ましい。チキショウ、鮭の野郎…。

 ええーい、ダメだダメだ!こんな、PS2のエヴァ2で4人目の綾波が出てきた時みたいな心境じゃ、クリアできるギャルゲもできなくなるってもんだ!よし!心機一転ダ!いつまでも落ち込んでちゃダメだってアイドル声優が言ってた!そうさ、ボクだってただキモい自分を傍観してたワケではない。暇さえ何か抜本的に、現状を打開できる策は無いかと考えることに余念が無かった!そうだよ、自分がモテ社会の勝ち組となるだけじゃ何も変わらない。このままでは人類が活動し続ける限り、ボクのような悲しみを背負わされる人間はいなくならないンだ。今こそ、自分含むキモオタという名のスケープ・ゴート達を新世界へと導くべく、考えを具体化し、悪を、具体的には加藤鷹とかをこうギャフン!とかエヒャイ!とか言わせる時だ。燃えろ闘魂!うなれ海綿体!ダテに悲哀は見てねーぜ!


 よし、では現状の分析からはじめようか。日本は今、格差社会への道を突き進んでいると言われているのはご存知だと思う。これはモテ格差についても全く同様で、モテる奴とそうでない者の2極化が進んでいる。電撃大王やアライブの読者の9割はきっと同意してくれるハズだ。

 こうなったのは実は必然である。と言うのも、政府・与党が産業部門の発達を重視してきたからである。産業部門というのは、当然アダルト関連産業も含まれるワケだが、もし仮に国民に等しくモテ権が保障されてしまったら、そういった産業が泣かず飛ばずの状態になるのは自明の理だ。自分で自分を慰めるまでもなくなるのだから。政府としてはそうなるときっと色々マズいので、モテ格差の是正には消極的だったのであろうことは想像に難くない。

 しかし、先の参議院議員選挙で事態が一変した。「国民の精活が第一」と唱えた民主党が躍進、存在感を大きく増した。スローガンがモテ格差に苦しむ多くの国民の心を捕らえたのであろうか。まあとにかく、安倍政権も国民に配慮した政治に転換することを余儀なくされたのだ。以前よりもモテ格差是正に政府も取り組むだろう。

 …とまあ、冷静に分析してみたらさ、アラマ!ボクらの未来って希望のカタマリじゃん!自分を内外の女性に広くアピールすべく、月刊コミックホネカワでも創刊しようかと思ってたけど、もうそんな必要ないな!ナアンダ!じゃあ近々ボクも、政府の協力でモテるようになると!そうなったらもう、少子化問題に終止符を打つべく、色んな女性にお慕い申し上げちゃうぞ!





 どうでもいいわよ、もう…。
 暑苦しい自室と、それに似つかわしくないケータイからの目覚まし音「Battle of Rose」(時々「ソリッドステート・スカウター」)。今ここに、世紀末窮性主伝説の遂行人、骨皮が朝を迎える―――。

 骨皮の一日は、朝刊を見ることから始まる。自身が神に選出されたり、地球の爆発まであと1日だったりしないか確認する為だ。毎朝、この時が来る度にドキをムネムネ(決してモネモネではない)させ、AV女優の名前でググる時と並んで、一日中で最高の心拍数を記録するのだが、今のところ一度も、その期待が報われたことは無い。アガペーはどこにいったのだろう。

 満たされない欲求にフラストレーションを感じ、そんな世界に失望しつつも、餓死はちょっとイヤなんで食事をする。パンと味噌汁が同時に食卓に並ぶ光景を見て、またもやりきれなさを感じる。ボクが母親にちょっと待ちたまえよと感じることランキングで一、二を争う事態だ。あ、あとカレーにシメジ入れるのもやめてほしい!名取家のカレーが普通に見えてくる。最近は名取さんの思想も普通に見えてくる。俺病気?

 全く…すっかり気分が害されたジャマイカ…ボクは気を紛らすべく、ここでコーヒーを飲む。コーヒーは依存性があるらしいから、まあヤクをやるのと根本的には同じなんだろ多分。ところで、ここでコーヒーと言ったが、他の飲み物をここで口にすることない。ボクは紅茶は昼、緑茶は夜の飲み物だというのが信念だ。「日本の先進国たる所以はエロゲーなるものが存在しうる点にある」ということに次ぐくらいの固い信念だ。だからここで紅茶や緑茶を飲んだりはしないのだけれども、しかしながら冷蔵庫にはミルクもある。では何故ミルクを飲まないのかと言うと…。





 ミルクだと、こんなかんじの女神(特に神でなくてもよい)がボクに授乳してるんじゃないかと錯覚し、家族の前で「クフゥ…フヒヒィ…!」と笑う、醜悪な姿を晒すことになってしまうかも知れないからだ。そんな勘当されかねないような状況になることを避けるべく、ボクは考えて行動しているのである。これが生きる知恵ってやつだね。

 さて、ここからはケッタ(自転車)に乗って予備校へと行くわけだが、そこが浪人生最大の試練なのである。炎天下の中自転車で40分走り続けるというのは、まあなんというか体にはよろしくないワケで、加えて、通学中の発情期カップルとすれ違ってムカコンプレックスとでもいうべき感情が沸くし、通学中の女子高生を見て「悲しいけどボク、制服フェチなのよね」ってナイーブな気持ちになるし、通学路にある風俗を見て「こういうところが最初になるんだろうか」って苦悩を抱いちゃうし、もう通学するだけで死兆星がありありと見えるかのよう。

 予備校についたらあとは勉学あるのみっつーか、本当に特筆できることが無いのだが、これだけは言える。古文は無い。マジ無い。ボクがボールドタグを使う程なんだから、並大抵のことではないね。あいつマジつまんねーもん。達人相手の格ゲーくらいのつまらなさはある。生理的に無理。これも、FF10のキャラクターデザインくらい生理的に無理。まあでも何年か前の、確かセンターの問題か何かに、ひとつだけをかしいのが有ったわ。要約すると「絵の中の女に超萌え萌えなんだけど、報われるワケもないしマジ死にたい」って話。念の為に言っておくと嘘ではない。これこそが2次元コンプレックスのルーツというか、やっぱ貴族にもボクみたいなグロち悪い奴はいるんだなというか、やっぱ客観的に見るとキモ・ルーデンスだなというか…あ、あれ、目から汗が…。

 そんな見苦しい感慨に浸ったりした末帰路につき、行きの時と寸分狂わない同じ感情を抱きつつ家に帰り、疲労の為性欲もイマイチわかず、食事とか風呂とかして寝る。明日は神になれたらイイナ…。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
骨皮無恥麻呂
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
マンガ、たまに切絵
自己紹介:
 優柔不断、疑心暗鬼。ヌルオタ。ディベートサークルと漫研という、多分全国で唯一のワラジの履き方をしてるよ。
最新コメント
(02/11)
(12/19)
(12/04)
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]