[PR] 美容整形 下衆男児の生態ファイル 忍者ブログ
下衆イズム溢れる青年による、共感してはいけない日記。 最近ハタチになった。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 いや~、ちょっとマジ聞いちゃってよ。遂にやったのよ、ボク。まあ正直、ここまでうまくいくとは思わナンダ!何がってさ、実は前回の更新から今日までで、何とまあ、30パーセントもアップしたわけよ!合計得点が!これは凄い!マジ快挙!平成のエジソン!我ながら力ミナギル自分が恐ろしいね!勢いでうっかり地球とか壊しちゃったらメンゴ!勢いでうっかり地球とか壊しちゃったらメンゴ!(大切なことなので2度言いましたよ)

 まあ、スターフォックス64の話なんだけどね。ボムを惜しみなく使うだけで大分変わるみたいだヨ。これマジ。


 さて、受験にはボムみたいな秘薬はないから、政府の年金問題に対する姿勢みたく、「責任持って全てヤり舛!」って感じでモチベーション上げて、コツコツやるフリだけでもしなきゃいけない。そんな感じで生活してきて、栽培マンがラディッツになるくらいの進歩はしたよなあとか思ってたワケよ。

 そしたらさ、来たよ来たよ、あの俗に過去問とか言うヤツ?あんなに体に悪いんだから、もっと凶悪な雰囲気が漂う名前を別に持ってるんだろうけど(「月蝕グランギニョル」とか)、まあとにかくその過去問とかいうのをやってみるとね、アレ、なんか俺ヤバクネ?とか思わされてしまうのね。

 今日受けた授業で講師が「古文は難しく構えちゃダメよ、冗談じゃないけど、相手は子分(古文)なんだからネ、親分じゃないんだからネ!」とか言った時にも、背中に戦慄っぽい何かと共に「何かやべえなコレ」という感情が走ったけどさ、そんなの、大嵐の前のそよ風っつーか、バラエティ番組なら確実に「しかし、それは更なる悲劇の序章に過ぎなかった!」てな感じのナレーションが入る場面だったんだよ。

 過去問、ありゃダメだ。前々回の模試に引き続きダメだ。「憎いし苦痛」指数は、あの模試をも凌ぐかも知れない。前々回では「やる気を削ぐとか模試のくせに生意気だ」ってニュアンスのことを言ったけど、ゴメン、模試、あれら諸々の発言、撤回するよ。君は優しい。優しいよ。

 だって、過去問に至ってはやる気どころか、あまつさえ命、命を削ぐね!今年の流行語を借りれば「間違い無い」!オレ、今日過去問に手つけて、絶対2年くらい寿命縮んだもん。2年もあればさ、こんなオレでも、頑張ればまあ、ノーベル賞はちょっと無理でも、アメリカ大統領くらいにはなれるかもしれないじゃん?そうすりゃ地球救えるじゃん?その、ちっぽけながらも人類最後の希望ってのをさ、帳消しにしちゃったんだよ、過去問のヤロウは。いけないよそんなこと。


 …とまあここで一歩引いて見てみるとさ、なんか地球壊すとか地球救うとか意味わかんないことばっかいってるよね。そうだよね。まあとどのつまりさ、ピンチなんだよ。もしボクがはれときどきぶた(アニメ版)の登場人物だったら「ピーンチ!」とかいって例の音楽に合わせて年末まで踊り尽くしてるところだよ。

 いや、一応さ、上級下衆奥義のひとつ「なるようになっちゃえ、人類!」を使えばさ、それなりに幸せな気分になってセンターとか乗り切れるんだけどさ、もうそれ、去年のこの時期に使っちゃったんだよね。この技、2回使うと人生がなんかもう色々終わっちゃう危険極まりない代物で、実際世の中にはそうなってしまった人も多数いるからね。ボクにもまだ最低限のプライドは、うん、まあギリギリで残ってるしね…。

 まあ本当にギリギリだけどね。例えばセンター試験の日程なんか「一月下旬くらいなんじゃナイッスカ…」って程度にしか覚えてないわ。「水銀燈の今宵もアンニュ~イ」ドラマCDの付属したアニメージュの発売日とか、デイドリームネイションの発売日とかは、即、思い出せるんだけどね。人体にはフシギがいっぱいだネ!


 でも、こんな状況お下でも、ひとつだけ希望があるんだ。聞いてくれるかな?あのさ、今年一年を象徴する文字が「偽」になったらしいじゃない。実はこれ、単なる象徴ではなく、「今年一年無かったことになりました」とか、そういう類のオチの伏線なんじゃないかって最近、比較的真剣に思うんだけど、どうかな。だってそうだろ。色々変なんだよ、今年。ちゃんと年金が受け取れないとかダメじゃん?農水大臣のゴタゴタとか、前代未聞ってレベルじゃねーぞ!じゃん?19歳浪人高村光太郎とか有り得ないじゃん?アーツビジョンの元社長の件とか、マジ非道いっつーか、もう外道いの域じゃん?ローゼンメイデン連載終了とか何かのマチガイじゃん?

 今年は「偽」なんだよ。とりあえず、ミンナで2007年やりなおそうよ。マジ同調してよ、入試とか再来年、頼む、お願い、また流行語を引用すると「土下寝」!私は負ける訳にはイカナイんDEATH!!!!!(絶叫)
PR
 JUMBO!骨皮だヨ!

 フヘェッ!もう12月なのに、受験生として危機的なたたずまいを晒したもんだから、こういうテンションじゃねえとやってらんねーんDA!数学と公民で、得点率に40パーセントの違いがあったぞ!アハッハ、こりゃあ滑稽だァ!

 さて、こういうさ、ヒトとしての一線を踏み外したテンションに至らないようにするためにもさ、もっと世間に神様仏様浪人様、みたいな風潮が広まって然りだと思うんだけどどうよ。今なんか12月だもんだから、なんかテレビとかにそれっぽい広告が増えてて、ボクとしてはもう、灰色の青春を送ってる自分を思い知らされるね。街路のアツアツなアベックも、この時期になると夏よりも、目に見えてくっつこうとしてるのね。ボクはもうその光景に居合わせただけで理性がなくなりかけ、いまにも超サイヤ人に、いや、一気に超サイヤ人3くらいになろうとするんだけで、そこで自分に「ま、待ち給え、この力はマジtoo dangerousだからさ…!」と語りかけて何とかその場をしのぐ。

 ん…?おいおい、これじゃあボクが全く楽しみの無い生活を送っている、味気ない人間だと思われちゃうじゃないか。それは違うね。内海ラオウと宇梶ラオウくらい違うね。全く失礼な話だよ。

 例えば軽く思い出せる範囲だけでも…そうだな…えー………、「○本の住人」の新刊を読んだら、ちょっと新しい自分を、もとい性癖を見つけたかな、ウヒッ…とても素敵なものですね、嫉妬す…おっと、自粛自粛。ヒヒヒ……桑原ヒヒヒ…近藤ルルル…。全く人間ってのは神秘と性欲のカタマリだね。

 あと、過去問の自由英作文に「印象深い小説とか映画とかマンガとか書いちゃって下さいよ」ってのがあったから

「ゲノムのパクマンさんの男気溢れるセクハラは、オレの心に衝撃のアルベルト。最も『おっぱい』って言ったロボとしてのプライドを語る場面には涙すら流した」

とかなんとか意気揚々と書いたりとかね。とても根暗でオモシロイ!結構結構!でもさ、流石にこれはアレだけど、もし本番で「水銀燈は俺の嫁」みたいな内容を、完璧な構文でしっかりと理由も添えて書いたら、どんな評価をされるのかは素朴に気になるわ。教授がファンならOKなんだろうか。

 まあそういうワケでね、ボクはちゃんと愉快な日常を楽しんでいるワケよ。どうかな、世間の下賎なアベックには目もくれず、己の道を突き進むボクチンは。大体アベックとかカップルとか恋人とか言えば聞こえはいいけど、クリスマスの夜にやることと言ったら交尾だからね。高貴なボクにはとてもできない。まあ、その交尾の副産物であるボクが言っても説得力に乏しいんだけどね。大人も子供も、おねーさんもミンナ副産物!そっと目を閉じて想像してみてごらん、親が「プロレスごっこ」してる姿を…。

 さて、こんなボクに惚れたかな?心打たれたかな?ボクを誤解していたヒトはこれを機にボクへの認識を改め、求婚でもしたらどうだい。まあボクはこう、結婚はしない主義なんだけどね、もしどうしてもというなら、そうだな、応じてあげないことも無いねェ。フフフ…ツンデレブームに便乗しつつ、ウブな自分を可愛らしくアピールする大作戦。これでボクのメールボックスには恋文が殺到すること間違いなし…少年は軽く神話になる。
 センター試験とかいう選民思想の発露みたいなイベントまであと2ヶ月と少々。貴重な青春を勉学なんかに費やして、フランス人やイギリス人の学生から「ああいう生活はしたくないね」とか後ろ指を差されるげすなろ白書な日々も、あと少し、あと少しで終わるンダ…!

 なんて嬉々としてばかりもいられないわ。あのさ、今までにも触れてきたと思うけどさ、世の中には「模試」とかいう、もう都市伝説なんじゃないかってくらい理解不能の行事があるのね。これがマジ、なんの役にも立たない。模試は、カルト教団の少年部だ。犬のうんこですら肥料になるのに、模試は何の役にも立たない産業廃棄物以下じゃないか。

 こういうことを言うと、やれ自分の成績がわかるじゃないかとか、弱点が見えてくるじゃないかとか言う方がいるだろうけど、じゃあキミラ、それらが本番で生きる保証はあるのか、模試の後の、樹海にドラスティックに恋焦がれるこの想いを超えるものなのかと問いただしたい。声帯が再起不能になるまで問いただしたい。職業「模試意義詰問員」とか名乗れるくらいまで質疑したい。

 例えばボクが、異性の罵りとかの精神攻撃が大好きな、マゾヒズム魂全開のたいへんなへんたいとかならさ、模試であまりよろしくない結果が出た時でも、「くっ、くやしい…!」とか口で言いつつも全身にたまらない快感がほとばしるようなクリムゾン体質をもってして毒を制することも可能だろうけど、そこまで重症じゃないしね。


 実を言うと、第2回記述模試まではなかなかの成績でさ、その時は「やべッ、世の中で言う平成の高橋是清って実は俺じゃね!?」とか思ってた。で、そんな矢先2つほど別の模試がやってきたワケよ。例によって当時ボクは、伸びた鼻だけでその辺の国の軍隊を一掃出来る程天狗化していたもんだから「悪い点だったら腹を切る!ついでに道行く女性の服も切る!でも許される!だってボクはインテル入ってるから!ヒャッハァー!」とか、そんな愛くるしい自分マニフェストとか課してたのね。

 そしたら、切腹とかもう…。なんか色々折れそう。つか折れた。俺に足りないのは学力だ。こんな時にムスコが「世界一のオヤジと思っているから…」とか涙ながらに言ってくれたりすればさ、僕の心にも平和の砦が築かれるってもんだけど、まあ、奴はこう、会話的なことはちょっと、ね…。そこから何も言えなくなるわ塵屑ロンリネス…。


 そんな経緯を踏まえて改めていうけど、あの、模試とかいう奴、ありゃダメだね。まるで受験ってモンをわかってないからね。受験ってのはモチベーションを維持できるかどうかで成否が決まると言っても過言じゃないのに、そのモチベーションを削ぐとか一体何様。もうボクチン模試にもりもりアレルギー持っちゃったんだから。今手元にある問題集の「オリジナル模試が8回分→パワーアップ間違いなし」って文面見ただけですら、もう血管が疾風怒濤のイキオイで切れまくってるくらいだからね。

 大体、そんな簡単にうまくいくんなら、受験ノイローゼとかそういう類の言葉は生まれてねえよ。特に「間違いなし」って部分が気に入らないわ。その自信の根拠は一体何だ。ボクなんか騙されたと思ってちゃんと8回分やったのにも関わらず、模試の場では力を発揮するどころか、どういう因果なのか頭からキタキタオヤジが離れなくて泣きそうな思いだったんだぞ!誇大広告にも程がある!次の版からは「まあ多分パワーアップすんじゃね」くらいに控えとけ!

 と、書きたいことを書きまくって、久々に心が澄み渡るかと思ったら、独自に申し込んでおいた模試が日曜にあることに気づいたヨ。芸術的なレベルで鬱だけどボク頑張る!一所懸命に勉学に励む!でも他の受験生と切磋琢磨とかはちょっと嫌だから、神様、どうか、どうかボクに有効な不正の手段をお授け下さい!あと、一度書いたブログがどういうワケかうまく投稿できてなくて、もう一回書き直しとか、そういうこともマジ勘弁!思い出すの超大変だった。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
骨皮無恥麻呂
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
マンガ、たまに切絵
自己紹介:
 優柔不断、疑心暗鬼。ヌルオタ。ディベートサークルと漫研という、多分全国で唯一のワラジの履き方をしてるよ。
最新コメント
(02/11)
(12/19)
(12/04)
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]