[PR] 美容整形 下衆男児の生態ファイル 忍者ブログ
下衆イズム溢れる青年による、共感してはいけない日記。 最近ハタチになった。
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 このブログが「生態ファイル」と釘打たれている以上、この場は所謂日記系サイトであるべきで、また、反面教師ブログたるからには、下衆たるボクの腐った日常を新鮮にお届けしなければならない。

 可能ならば「こんなプリチーなオナゴの生活が24時間見放題!」なんて宣伝してるエロサイトみたく、ボクの部屋にカメラでもつけて、生で世界発信するのが望ましいのだが、口惜しいことにボクの容姿や生活は、ギャラリー達を血眼にさせるほどの魅力は持ち合わせていない。

 そこでボクは文章という形で悟りを説いてきたワケだが、困ったことに浪人生の生活というものはボクの想像をほんの少しばかり超越していたようで「ボクチンって下衆だなァ!」と、感傷に浸れるような機会に乏しい。何しろ出来事が、イベントがない。RPGでいう村人だ。寝ても覚めても「ここは エロマンガの しまじゃ」などと念仏のように唱えまくるだけの空蝉な日常である。剣士や侍、マッドサイエンティストといった、物語の軸たる存在になれる生命体はひとつしか選ばれない。それすなわち大学受験に成功した者のことナリ。例えばこの一ヶ月で、入ったサークルのオナゴ相手にハチャメチャが押し寄せて来た者などは全国で数知れないハズだ。

 しかしボクなんかはどうだい。もうすぐ齢19に手が届くというのに、未だに純情可憐な高村光太郎である。19といったら…スガシカオ曰く、相手が接吻してくる理由がわからず困ってしまってワンワンワワンな状態な時期らしいではないか。エッ…、俺、ナンカヤバクネ?そんな状況妄想すらままならないジャマイカ…ハハハ…ククク……ククク足らないって言わないで…。

 単純に考えればあと一年は脱出の機会が無い。友人に「NANPA」とかいう方法の存在をきいたりもしたが、あまりに内容が難解すぎると言うか、もうその単語の存在自体が3次元のものではない気がしてきて、ボクには理解できなかった。つーか、ボクがそんなことをしたら「メイド喫茶で発狂するガリオタ」に酷似した地獄絵図が具現化してしまい、CBCあたりに「無理するイタタなオタク」として取材され、6時のニュースで報道されかねないからね。それはもう丁重にお断りしたいわ。

 だがボクも人間の端くれなんで、どこかで女人分を補完しなきゃいけない。最近だと古賀亮一氏の「ゲノム」旧一巻が奇跡的にブックオフで見つかって、ギャグ分諸々なんか色々と補給できたからなんとかなってる(別にエロマンガじゃないんだが…)けど、それだけで一生もつかって言ったら、リデュース・リユース・リサイクルを推進してやまないこのボクでも流石に焦りを隠せない。


 女人高野こと室生寺に行くしかないかなー。
PR
 自分が浪人生という立場であることに対し「人生経験になる」等と言う者が、ボクの周囲にも何人かおられるのだが、当人たちは揃いも揃って現役合格生、人生ウィナー予備軍なのだから、思わず「ウヒヒ…」と笑みがしたたるくらいに説得力を感じない。

 大体、人生経験になることが大きなメリットであるなら、浪人希望者はもっと腰を抜かすほど多く、受験生は浪人することに必死になっているハズだ。例えば海外留学などは、それこそ人生経験を積む為のものだろうが、そんな感覚で浪人を希望してやまない人々が出てくるのが道理というものである。バイトの志望動機を聞かれた時「お金を貯めてどうしても浪人したいのです」とか答えたり、「現役?ダッセ」といった空気が蔓延ったり、浪人できないとわかるや否や嘆き、苦しみぬくような美しい国、日本というユートピアがここに出来上がっているハズだ。

 しかし人生経験を積みたいという理由で浪人する者が皆無なのは、実際には「浪人?プッ」といった空気があり、それに打ち勝てるほどのメリットが人生経験に無いからである。

 各種予備校のパンフ等を見ると「受験合格だけがインポータンスではないのですよ?」等と、必ずと言ってヨイほどに書いてあり、あたかも「学力至上主義の困ったちゃんな現代社会に波紋を投げかけちゃうぞ!」といった、慈愛溢れる意欲に満ちた集団であるかのようだが、実際にそこで行われていることと言えば勉学、修学、苦学といったものの類に他ならない。

 そこで得られる人生経験…ここ2週間で得た経験と言えば、人前で鼻をかむ気まずさとか、吉野家と違って味噌汁が標準で付いてる松屋のありがたさとか、随分昔の中途半端な知り合いに会った際の嫌な空気のやり過ごし方とか、種類は違えど「どうでもよい」ことに分類されるようなことばかり。ん、いや、最後のはちょっと大事かも?いやしかし、この程度のことをもってして「人生経験」と言えるなら、もともと人生など本当に救いようの無いものだということである。それなら、性教育漫画たる「ふたりエッチ」あたりでも読んでおいた方が、若者の性の乱れが嘆かれて久しい現代を生き抜く中で、よほど経験になるんじゃないかと、声を大にして、言いたい。浪人するより「ふたりエッチ」。
 ボクが、浪人生という「勉学に勤しんで当然、してない奴はシネ!」と世間で思われている身分である以上、その道、つまり勉学を避けることは難しい。しかしボクにとって自律的な勉学とは、ケアルガ無しでFF4をクリアするくらいの無理難題である。そこでボクは、教育産業でボロ儲けしている、正に「偽善」そのものである方々のお世話になることに、普通に言えば予備校に行こう。今日から一週間は部活という、実に青春グラフィティな活動に費やす予定が決まっているので、それが終わったら細かいことを考えようじゃない。こりゃあパーペキだ!やっぱ世界は私を中心に動いている!天動説でも地動説でもない、宇宙は骨皮を中心に回っているという、「ネオ動説」でも発表してみるかな!

 こう考えたのが浪人決定直後(3月20日)のことである。


 問題はそれから先。ある日気付いた。何と言うことだ、部活が終わってから、北斗の拳の格ゲーしてたことしか思い出せねえ。バ、バカな、そんなバカな…!!俺は人間だ、もっと生産的な、もっと建設的なこともしてきたハズ。ジャギ様で遊びまくってただけとか、そんな。くっ、思い出してみろぉー!!あの時のことをよく思い出せー!!

 …徒労だった。それがわかった時ボクは絶望し、激昂し、号泣した。ボクは北斗の格ゲーだけで、ここしばらく過ごしていたんだ。これじゃあ世間から死すべき存在と認知されるばかりか、結社「怠惰浪人撲滅の使徒」から命を狙われかねない…はっ!もしや、ジャギ様がプレイ中に「死にやがれー!」と度々叫ばれていたのは「お前みたいな怠慢浪人は死にやがれ!」という意味では…?

 その時、ボクは全てを理解した。そうか!あの言葉は対戦相手への威嚇ではなく、ボクへの忠告だったんだ!暗に「勉強しろ」と、そう言っておられる!そうだ、今、怠慢であろうと、これから始めればイインダ!

 ジャギ様のお言葉で自分の使命に目覚めたボクは、延ばしに延ばしていた河合塾への申し込みの為に、ありったけの精力を右腕に込め、受話器をとった。申し込み締め切りの15分前だった。


 骨皮は激怒した。内心で。入塾に必要なイグザミンが明日、実施されると言うのだ。あと16時間も無いではないか。16時間といったらアンタ、卑猥な妄想だけで潰し尽くせる程度の時間。忘れた分の復習とかマジ無理だってばYO!精神と時の部屋でも借りるか、いや、あんな法外なレンタル料は出せない。通からの情報によると、ミスター・ポポと一夜を共にすれば、こっそりタダで貸してくれるそうだが、その一晩の時間すらないし、そもそもボクの貴重な純潔をあんなルージュラ♂みたいなのに盗られてタマルカ!ボクは16時間で復習する道を選んだ。


 今思えばルージュラ♂も案外いけたのかも知れない、惜しいことをした。
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
骨皮無恥麻呂
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
マンガ、たまに切絵
自己紹介:
 優柔不断、疑心暗鬼。ヌルオタ。ディベートサークルと漫研という、多分全国で唯一のワラジの履き方をしてるよ。
最新コメント
(02/11)
(12/19)
(12/04)
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]