[PR] 美容整形 下衆男児の生態ファイル 恥ずかしい存在禁止ー! 忍者ブログ
下衆イズム溢れる青年による、共感してはいけない日記。 最近ハタチになった。
[36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ふと気がつくと既に師走。師走!?ちょっと待ってくれ。ボクの海馬に今すぐアクセス…ややっ、センターなイグザミネーションまで残り2ヶ月だってさ!へぇ~それはとってもピンチだね。こんな時こそ月に吠えろ。苦しいです、サンタマリア。

 いや待てよ、何とかしてセンターなイグザミネーションを回避する方法は無いだろうか。私だってただ黙って恥をかくワケにはいかない。なめんなよ大学入試センター。私にやらしいことしたら承知しないんだからね!ゼッタイ抜け道見つけてやるんだから!もーぉ!

 とゆーワケで、全国のツンデレ受験生を代表して、リスクの少ない抜け穴、つまり上手にイグザミネーションを避ける方法を模索してみよう。まず、留学するなんて荒業はほんのりと無理っぽいかほりがするので却下。次に、裏口入学は金銭的にリスキーなので却下。となると後は、何らかの形で試験を中止、もしくは延期に追い込むしかない。

 ここですぐに思い浮かぶのが会場を爆破するとかだが、やはりそれはリスキーかつバイオレンス過ぎる。世界平和を願って、そう、今もまさに祈祷しているようなこのボクに、そんな残酷なテーゼを遂行できるワケもない。実害を出さずに試験を中止に追い込む…そう、物理的に中止させようとするからいけないンだ。「できないように」するのではなく「しないように」すればイイ。つまり人々、特に試験の主催者の意識を変えればいいんだ。

 勿論これは簡単なことではない。例えば私がこの場でセンター試験の無慈悲さ、残酷さ、精神に与える悪影響などを論じたところで、見ている側は(´,_ゝ`)プッという反応をして終わるだけに違いナイ。ボクはこんなに一途で一生懸命なのに、どうして大衆はこうも冷淡なのか。

 しかしだからといって、報道機関に強いパイプを持ってるワケでもない。万策尽きたか…いや、諦めちゃいけない。ポケモンの攻略本にもそう書いてあった。まだひとつ、最も困難、しかし最も絶大な効力を持つ方法がひとつだけある。

 そう、神になるのだ。ゼーレもセフィロスもなし得なかった境地、即ち神への道。多分、神になれば民衆の洗脳くらい、それこそネット中毒者がパソコンを立ち上げるのと同じくらい手軽な感覚でできるだろう。

 しかし神になるのは多分難しい。とりあえずこのまま待っていても「貴方が神か?」等といった電話がかかってきたりはしないだろうから、なんらかの策を講じなければなるまい。私が今まで見てきた物語にもしばしば神が出てくるが、そこに至る経緯は千差万別で、いったいどれが近道なのか…。ドラゴンオーブを探す、デスノートを入手する、宗教に入る、チェーンソー装備で現在の神の元に乗り込む…。どれも途方に暮れる。絶望に身を砕かれんとしていたその時、私は気付いた。思い出した。

 「神様家族」。そうだ、神様は東京の世田谷にいるんだったよ!ボクとしたことがうっかりちゃかり失念していた。なんか既に青い髪したヤツが候補としていたような気がするが、何てことはない、次期神の伝承者の座を奪い取ればいいだけの話だ。ああ、ボクはなんとアタマがよいのだ。おそらくこれが神になる為の最短攻略ルート。

 とゆー結論が出たので、世田谷に行って神様家族に弟子入りし、虎視眈々と神の座を狙っていきたいと思う所存です。ちょっと旅費がないので急いでカネを貯めて世田谷に行き、神になり、センター試験を中止に追い込みたいと思います。全国の受験生のみんな、応援してね!
PR
無題
受験はまだですが同じ高校生として悲痛なる叫び胸に響きました。ブログタイトル下に共感してはいけないと明記されていますが、いたく心を打たれました涙が頬を伝いました胸が震えました人間捨てます。

神になる方法ですが最善策は「神」という苗字の人と結婚することかと。
URL 2006/12/21(Thu)11:27:12 編集
狸さん始めまして
 一応管理人にあたる骨皮という者です。コメントありがとうございます。

 人間捨てるのは個人の自由なので止める気はさらさらありませんし、止めたところで雀の涙ほどの説得力も無いです。むしろ、こんなブログに多少なりとも共感をしてしまった以上、人間捨てるのは必然かも知れません。一応、人間捨てて神になるという道もあります。

 実は「神」姓のヒトと結婚する道も多少考えたのですが、涙をのんで断念しました。僕にとっては「結婚する」ことの方が、デスノートを入手したりすることよりも、遥かに難しい為です。ですから、世田谷に行ったのは僕にしてみれば至極当然のことなのです。

 無意味に長くなりましたが、今後ともひいきにしてもらえれば幸いです。適度に幸いです。それでは…。
骨皮無恥麻呂 URL 2006/12/22(Fri)00:19:49 編集
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
骨皮無恥麻呂
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
マンガ、たまに切絵
自己紹介:
 優柔不断、疑心暗鬼。ヌルオタ。ディベートサークルと漫研という、多分全国で唯一のワラジの履き方をしてるよ。
最新コメント
(02/11)
(12/19)
(12/04)
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]