[PR] 美容整形 下衆男児の生態ファイル おいなりの時間だ。 忍者ブログ
下衆イズム溢れる青年による、共感してはいけない日記。 最近ハタチになった。
[9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1]  [47
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 日本人は昔から、大切にしたものには魂が宿る、等と肺の限界まで酸素を吸い込んでため息をしたくなるような、何の根拠も無い偏向をする民族です。若さ故の過ち、ではないのですが、認めたくないものながらもどうやらボクにもそんな血がドロドロと流れているらしく、マリオ相手に罵声を浴びせるなど日常茶飯事です。いいえ、別にSではないんですよ。男のドット絵を相手に快感を得られるほど、ボクの体は万能ではありません。例外はセリス将軍かケルビナくらいのものです。

 さて、そんな由緒正しきボクの血が覚醒したのは月曜日のことでした。何が起こったかって、授業でミスィンという、巨人、大鵬、卵焼きと並ぶTop of the 最新の利器を使うことを余儀なくされたのです。ボクがまともに使いこなせる機械といったらゲームボーイポケットくらいのものですので、いきなりミスィンなどというメガフレアクラスの攻撃を受けてしまったら、瀕死の重傷を負うことは明白です。ノコノコがクッパに反逆するやうなモノです。しかし学校とは余りにも非情…非情な場…なのですっ…!!ボクに選択の余地は2つ。この場でボクの白き衣を脱ぎ、ボクの透き通るようなお肌で裸踊りをクラスの皆様、そして教員の方に披露してさしあげ、クラスを裸踊り大会の場とするか、物言えぬチキンとして教師、そしてミスィンに屈服するか…。2分ほど熟考した末、この悪魔の化身と衝突することを選択しました。

 しかし、ミスィンの強敵ぶりはボクの想像を、いえ、人知を上回っていました。まず、何をすれば良いのかがわからない。ボクの眼前にあるのは、奇妙な穴と細き糸、そしてボクの肉体ほどならすまし顔で貫いていくであろう鋭利な針!オフゥアフゥゥゥゥ…思い出しただけでも恐怖で奇声を発してしまうほどです。
 とは言っても、ボクも今まで前人未踏…ならぬ前代未聞を多く実行してきた者ですから、果敢にも目の前のデーモンマシンに挑むに至りました。

「機械の分際で人間様を舐めるなよ!」

「動け!動けよ!今動かなきゃ、今やらなきゃ皆死んじゃうんだ!」

等と、それはそれは熱いBattleを繰り広げました。誰もが北斗の拳を知っているという明らかに間違った前提で話しますと、ケンシロウVSスペード級の熱さです。フドウvsラオウの手先、と言い換えることもできます。

 しかしね、何だって相手が悪い。悪かった。上記の様にボクがいくら異文化コミュニケーションを図ろうとしても、たったの一言も反応してくれないんです。完全無視です。NOWでYOUNGな言い方をすれば「Shikato」です。いくらなんでも、他人の発言に耳も貸さないというのは最低の行為桐壺の更衣だと思うんですが、世間の白い目はボクに向いていました。何故だ。何故なんだ。無視するアイツが酷いとは思わないのですか。皆ちょっとおかしいよ。マジでさ。

 しかしまあ、やはりゴブリンにメガフレアというのはちょっと厳しかったようで、あえなく現代文明の前に撃沈し、また、機械相手に大真面目に暴言を吐くという、地丹君も呆れて笑う下衆っぷりをクラスに晒すという、最高に下衆な戦績を残し、いっそうと「おかしいヤツ」としての地位を確固たるものにすることが出来ました。

 本当に有難うございました。ミシン様はボクの心の友です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
骨皮無恥麻呂
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
マンガ、たまに切絵
自己紹介:
 優柔不断、疑心暗鬼。ヌルオタ。ディベートサークルと漫研という、多分全国で唯一のワラジの履き方をしてるよ。
最新コメント
(02/11)
(12/19)
(12/04)
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]