[PR] 美容整形 下衆男児の生態ファイル うぬら上衆にはわからぬ! 忍者ブログ
下衆イズム溢れる青年による、共感してはいけない日記。 最近ハタチになった。
[7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1]  [47
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 以前からしつこくネタつぶしに「クラス演劇」を持ち出し、「ウッピョ~、キャラ的にMEが主役張るのはヤヴァいで下衆!」等とピエロのやうに吹聴しまくっていたこのボクですが、なんとか自分にあっている(と思われる)役になりました。

 50~60くらいのぶっきらぼうな男…まさに数十年後の自分そのものかと、まばたきほどの一瞬だけ、その役とシンクロ率400パーセントだったのですが、人間性の有無という、芸能界で言えば明石家さんまとMr.オクレほどの泣けるくらい巨大な違いに気付き、ボクの繊細な乙女心に傷がついてしまった模様です。まあしかし、バカボンのパパの声を小倉久寛がやったり、こち亀の両津の声をラサール石井がやるようなアウチッ!な事態は回避できたワケですから、ここは甘んじて現実に押しつぶされることにします。

 さて、こんな流れですので、美しいMy School Lifeに想いをはせたいと思います。

 部活という名の合法ドラッグから抜け出せないボクは、会社の宴会で渾身のネタに失敗したオッサンの如く、真っ白な風貌で日々を送っています。
 ボクは両親のそれぞれの短所のみを、この場合はFatherの協調性の低さを、兄弟の中でも他の追随を微塵も許さないほど圧倒的に堅実に受け継いでいる、言ってみれば「協調性なさすぎて死ぬんじゃねーか族」の正当な後継者であり、神に選ばれし民ですので、天涯孤独の身です。無論、この場合の孤独は「ちょっとクールで知的なアイツ」等といった、BLマンガ界に広く生息しているような男のイメージではなく「思想がおかしいネクラでピエロなアイツ」すなわち下衆としてのイメージです。多分死ぬ時は「もぽえ~!!」と叫ぶのでしょう。そんなただでさえ下衆な生物が、真っ白な様子で、学校という名の強制収容所にいたらどうなるか…。
 テキトーに話を合わせて「クラス変わったら話さなくなるヤツ」の筆頭となるか、ひねくれた根性をありのままにさらけ出し、最下級戦士として日々を送るかの二者択一で下衆よ!ムヒョ!

 ボクは両者をかけて根号をつけたくらいの態度で生活しています。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
骨皮無恥麻呂
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
マンガ、たまに切絵
自己紹介:
 優柔不断、疑心暗鬼。ヌルオタ。ディベートサークルと漫研という、多分全国で唯一のワラジの履き方をしてるよ。
最新コメント
(02/11)
(12/19)
(12/04)
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]