[PR] 美容整形 下衆男児の生態ファイル 叫び 忍者ブログ
下衆イズム溢れる青年による、共感してはいけない日記。 最近ハタチになった。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 C,C,C,C,いやらC---!!


 さて、この病みきって久C現代社会の中で、皆さんは何を思い、どう生きておりますでしょうか。思わず友人を殴ってしまったり、やたら話しかけてくる店員にイライラを禁じえなかったり、我を忘れて街中で風華円舞陣をやってしまったりと、社会には危険がいっぱいです。

 そんな危険は精神的ストレスに起因するものなワケですけれども、突き詰めていくと、そのストレスの原因のひとつに「流行にRide onしないとイテぇよ~!」という切迫感といいますか、そんな感情があります…というヒトは数多くいるでしょうが、ボクはそんなせんちめんたる じぇねれ~しょんな精神は持っていないので、流行に壮絶に疎く、困っちゃうのはそこではないのです。それなりにナウでヤングなチャイルド等に話しかけられた際の応対、これこそが私等の心を蝕む悪の権化なのです。

 例えば、数れヶ月前に世界的なけまり大会があったっぽいですが、ボクにとってはそんな事実は「リザードンは実は『そらをとぶ』を覚えられない」という情報と同じくらいどうでもEです。「ピカチュウ版以降は覚えられるんだよこのホースカリブー!」とか言うなよ。ポケモンは赤と緑でフォーエバーなんだよ!

 おっと、ボクの一片の邪念によって奇しくも話がそれてしまいました。戻しましょう。ボクはけまり大会に関心がありません。具体的には、中田、中村以外顔も知らないです。大会期間中、突然ボクに「おいお前、俺の名を言ってみろ!」とその他の選手が迫ってきたらと思うと、恐怖で毎日夜も眠れませんでした。こうして思い出している今も震えが止まりません。

 そんなボクが海外勢の話題などできるワケもないのですが、困ったことに世の中には物好きな方がいまして、ボクにけまりの知識を与えようと奮闘してくださる方もいらっしゃいます。あらあら。うふふ。でっかいお世話です!しかしヘタな反応をすると非国民呼ばわりされます、というかされましたので、それは精一杯避けたい。そこでボクはよき聞き役をレッツプレイといくワケですが、これは疲れる。オタクにアニメ話を延々とされる一般人ってこんな気持ちなんだなあと、自身の過去の行為を猛省させられます。いきなりカラオケで残テ歌ってごめんなさい!ドラゴンボールの好きなキャラに自身満々でナッパを挙げてすみません!爽やかな表情で「うーん、まあべジータかな」とか言っとくべきだったよね!

 まあ結局、よくオタクは「一度しゃべりだすと止まらない」と非難されますが、それは話題次第で全ての人間に起こりうることだということを認知していただきたいよNE。
PR
 ウォオオオオオーーーッ!クンッ!!


 さてさて、前回の日記を優しく厳しく見直してみたところ、な、ナ、NANTO実は「模試会場でマイノーズがあばれはっちゃくだった」という、0.5行くらいで収まる内容を延々と長く書いていただけという失禁的事実に気付き、己の構文能力の無さを痛感しています。

 そこでMASS of 好奇心ことこのボクは、2,3秒ほど考えました。どうすれば別の方法でブログの充実を図れるか…文中に、次原隆二マンガ並に小さい母音文字(~だなァ、とか)を入れようか。いや、しかしそれだとボクが戸愚呂弟マニアだと思われてしまうかも…兄者派の自分としてそれは忌むべき事態さ。

 私のロースペックブレインではもう策が無い。困った。やっぱり、羊のうたとARIAを平行して読むなんてことをしたのがボクの海馬社長に刺戟的すぎたのだろうか。そうだ。以前、男数人でグランドセフトオートとポルノグラフィティを交互に楽しんだときもこんな感じだった。方向性がとてつもなく違いすぎちゃってるものを間をおかず楽しむとちょっと困ってしまうんだねェ。林檎と日本茶とか、もう悩ましいほどに相性悪いものなァ。こういうことから見ても、やっぱり多種多様な人間が共存していくってのは、とっても難しいことなんだね…。でも、このかけがえの無い地球の為に頑張らなく茶!

 さて、このブログの今後がこの地球(ほし)の未来に直結しているという驚愕かつ膝ガクな新事実が判明したので、この地球における人類の存在の証、つまりリリンの文化の極みに関して、要するにマンガの話をしよう。マイブーミングなのが「ニニンがシノブ伝」と「百合星人ナオコサン」で、そのどちらもが電撃大王作品であるという歪みもしないこの事実に多少ハートブレイクなのですが、そんなことを言っていては人間何も出来ませんよね。学校には時々ジャンプとかキャプテン翼のコミックが置いてあったりしますが、それと同じように、平然と電撃大王とかを机の上に置いたりとかやってのける勇気…そういう、周囲の風潮に安易に左右されず、自分の信念を貫く勇気、今の日本人に必要な要素ではないでしょうか。でもボクは臆病者でいいや。

 非ヲタの友人が、東京土産にカップを買ったら、なかなかアレな中身が…とのことらしい。清々しいのかイタいのか…。

とゆーワケでアレだね、外見だけで物事を判断するなと。某青年誌でプリチーな絵柄のマンガを読んだら、いきなり首が飛んで失禁寸止めだったこともあるしな!HAHAHA!あんなにビビったのはエヴァ激情版、もとい激情版の冒頭以来だったさ!

 さてまあ、実は先日私も東京に行ってね。己の「ゴーツー アキハヴァーラー!」っていう邪な、しかし本能に忠実な内なる声にもなんとか打ち勝てたのはこう、最新の流行語から引用すると若干「ソテーガイ」だったワケだけれどもね…どうもそれに「ヲタクの神」が烈火の炎の如くボクに怒ったみたいでね、なんかこうマンガ in my リュックを電車内に放置プレーしちゃったワケよ。いやー焦った。小5の時中津川での自由時間で、道に迷って死と隣り合わせで滝を登った(本当)時の次くらいに焦ったね。まあ、標準装備するヲタクレーダーが、マイリュックの不在をすぐに検知するっていう、野性的なのかヒッキー的なのかよくわからない快挙に出たのが幸いした。駅員の若者にどうすればイイか聞いたら、信じられないくらい見事な作り笑顔で案内してくれた(マジですごかった。アレならハート様にも勝てる)。係りの所に行けと。成る程!出世を諦めた駅長のいる部屋だね!有難う笑顔きらめく若人!

すぐに係りの所に行けたけれども…いやあボクチン参ったね!あのオッサンときたら、リュックの中身を聞くっていう、残酷な天使のテーゼの天使も真っ青な残酷極まりない行為に出るんだもんね。思わず「『あずまんが大王』です、とりあえず大阪がですね…」とリンカーンばりの演説をしかけたけどね、ボクは恥を知る男なんで、無難に「本!本です!」と言ってやった。言ってやったよ…。

 そしたら、リュックに混入してた生徒手帳から場所がわかった!わーい、個人情報漏洩万歳!…なぬっ!?とゆーことは中身を見られた、見られたのか!余すところ無く隅々まで!うっぴょ~!

 探し物が見つかったにも関わらずまったく嬉しくない心境で指定された駅まで向かい、受け取った。そこにいた担当のオッサンが「アキバ帰りの分際で人様に迷惑かけてんじゃねーよこのクズ下衆野郎!」といわんばかりの喋り方を、ほんの、ほんの一瞬だけしたのが感慨深かった。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
骨皮無恥麻呂
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
マンガ、たまに切絵
自己紹介:
 優柔不断、疑心暗鬼。ヌルオタ。ディベートサークルと漫研という、多分全国で唯一のワラジの履き方をしてるよ。
最新コメント
(02/11)
(12/19)
(12/04)
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]