[PR] 美容整形 下衆男児の生態ファイル 叫び 忍者ブログ
下衆イズム溢れる青年による、共感してはいけない日記。 最近ハタチになった。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 浪人として一年を過ごすことが決定して間もない頃は「ボクは人間だもの。勉学だけでなく、イロイロと趣味も謳歌して…毎日がときめきメモリアル、そんな風に過ごしていくべきだよネ!素敵!」などと、メルヘンな想いに身を委ねていたワケだけれども、現実ってのはそう、天をも突くほどにシビアさ。

 先日予備校で、まあお金くれるなら脳内カテゴリの「友人」に分類してやらなくもないかな、ってくらいの絶妙にハンパな知り合いと接近遭遇した。普通ならここで場をどうやり過ごすかということに、体中の神経という神経を使わねばならないところだが、ボクはナウくてチョベリグな男なので、話題ならいくつかある!フェフェフェ、どれにしようか…

「なあ、そこのコンビニに売ってる白バラコーヒーってさ、雪華綺晶を彷彿とさせてなんか超・興奮しねぇ!?だって彼女もしかしたらノーp…キ、キキィ…キュキョキョー!!」

 ふむ…これも悪くないけど、もし相手が白バラコーヒーを知らなかったら大変だしなあ。それ以外はマジ完璧、上祐でも文句が付けられないくらいなんだが…まあ素直に「浪人とは」という命題について語ってみるかな。つまり傷のナメあいさ。

 …ほうほう、やはり彼にしてみても浪人っつーのは退屈の極みたるものらしい。やっぱり立場が同じ者同士はいいね。現役合格組から「浪人すれば人生経験が積めるさ、ドンマイ!(*^ヮ')b」とか言われたら、どんなに温厚であろうと努力しても、わきたぎる殺意を抑えきれないからサ!言うなれば「彼女なんかいたらいたで大変なんだって!マジでマジで!」とか言ってくるモテ男並にムカつくっつーか、ついうっかりその場で発狂して岩山両斬破とか浴びせちゃっても、罪に問われないと思う。

 しかし、彼が言うには、我々は背水の陣…もう後が無いと。

 アーッ!言うまい聞くまい感ずまいとしていたこの事実、平然と言ってのけやがった!わかってるさ…もし次に失敗したら、ボクは齢20にして無職、いない暦=20年、そしてワータシサクランボ、だ。ダ、ダメだ。こんなんじゃ、現代社会のゴミクズそのものじゃないか。成人式の場とかでどうしろというのか。知り合いに顔が向けられないゾ!

「お、骨皮じゃね!?お前今何してんの?」
「あ、ハイ、河合大学2年です…」
「マジで!?GYAHAHA!氏ネヨ!」

 しかしだ、こんな未来を回避する確実な方法が、ひとつだけ、ある。そう、医学部志望ってことにしとけばいい。医学部なら2浪くらい別に珍しくないハズ。キメタ!そういうことにしとこう!よぉし、そうとなったら早速、淫らな手つきと小悪党的な笑顔で患者を診察する産婦人科に憧れることにするぞ。羨望の眼差しを送るぞ。そして、そんなふうになった自分を妄想してエンジョイするぞ!さして好きでなかったナース服にもレッツトライだ!
PR
 ここ数回の日記は、「浪人生活ってのは、考えられうる限りの最高峰の退屈を体現したような感じなんだよ!すごいね!」ってことを一途に書き続けてるだけなのだけれども、そのことを一番シャウトしたくなるのはやっぱり休日なのよ。

 平日は平日で、暇では無いにしても退屈ではある。去年までならクラスメートに「このクラスで一番ニートの素質を秘めてるのはオレだね」と、社会性の欠落が垣間見える自慢話をしたり、学級日誌にファニーな記事を書いちゃうぞ!とか躍起になってれば自然と時間は潰れていったのだけれども、今年はそんなの無理。周囲にいる人間と面識も持たないまま過ごしているからね。大体、「Stop the Game」とか書かれたナイキのTシャツ着てるような奴と友人になれるワケが無い。ナイキはスポーツ用品メーカーだから、暗に「少ねえ筋肉使って運動でもしてみろよキモオタ共が」と言っているのだろうが、運動が報われるような身体だったら、オタクなんかやってないし。ナメてんのか!そりゃアンタ、できることならディスプレイ相手にAIがとまらない!とかしたくねえよ。超がつくほどに有り得ねえよ。ついでに(改)とか零式とかつけたいくらいだね。

 しかし、そうはいっても所詮は平日、休日という名の大海の前の細波に過ぎない。上では念仏のように愚痴をこぼしたけれども、そうは言っても、平日はとりあえず予備校の授業に出席して、あとは帰りがけのブックオフでユリア100式読んでエヴァ量産機に酷似した笑顔でも浮かべておけば、それとなく一日は過ぎてゆく。娯楽に相当するものがユリア100式だけという一日、何か、何か大事なものが足りないよう…といった思いも若干込み上げてくるが、そんなことを気にしていては「生きる」というイバラの道を走ることなどできないというものであろう。

 そう、俺達の戦いは休日(これから)だ。人間、理論上は8時間寝て、8時間戯れ、そして8時間学ぶことができる筈なのだが、どうもおかしいことに、ボクは全然勉強しないんだよね。かといって戯れることに精魂燃やしてるのかと言われればそういうことでもない。ゲームとかしてるのだが、なんかもう、なんだかつまんなくね?感がズッシリと背中にのしかかってくる。こんなにゲームをしててやるせなくなるのは、昔、RPGツクールで自作した「ドラえろもん」を自分でやってみた時以来ではないだろうか。

 そんな中、明日は模試とかいうカルトなイベントがあるらしい。昔模の受験をネタに日記を書いたが、確かマーク式だったその時と違って今度は記述式。去年の経験からするに、まあ水銀党と薔薇水省の違いみたいなもの。まあ、ボクは細かいことに左右されない6億円くじ並にBIGなオトコなので、そんなことで形相を変えたりはしな…あれ、何か生暖かいものが首筋を伝うよ?これが…冷や汗…?ビビッてるのは、私…?
 このブログが「生態ファイル」と釘打たれている以上、この場は所謂日記系サイトであるべきで、また、反面教師ブログたるからには、下衆たるボクの腐った日常を新鮮にお届けしなければならない。

 可能ならば「こんなプリチーなオナゴの生活が24時間見放題!」なんて宣伝してるエロサイトみたく、ボクの部屋にカメラでもつけて、生で世界発信するのが望ましいのだが、口惜しいことにボクの容姿や生活は、ギャラリー達を血眼にさせるほどの魅力は持ち合わせていない。

 そこでボクは文章という形で悟りを説いてきたワケだが、困ったことに浪人生の生活というものはボクの想像をほんの少しばかり超越していたようで「ボクチンって下衆だなァ!」と、感傷に浸れるような機会に乏しい。何しろ出来事が、イベントがない。RPGでいう村人だ。寝ても覚めても「ここは エロマンガの しまじゃ」などと念仏のように唱えまくるだけの空蝉な日常である。剣士や侍、マッドサイエンティストといった、物語の軸たる存在になれる生命体はひとつしか選ばれない。それすなわち大学受験に成功した者のことナリ。例えばこの一ヶ月で、入ったサークルのオナゴ相手にハチャメチャが押し寄せて来た者などは全国で数知れないハズだ。

 しかしボクなんかはどうだい。もうすぐ齢19に手が届くというのに、未だに純情可憐な高村光太郎である。19といったら…スガシカオ曰く、相手が接吻してくる理由がわからず困ってしまってワンワンワワンな状態な時期らしいではないか。エッ…、俺、ナンカヤバクネ?そんな状況妄想すらままならないジャマイカ…ハハハ…ククク……ククク足らないって言わないで…。

 単純に考えればあと一年は脱出の機会が無い。友人に「NANPA」とかいう方法の存在をきいたりもしたが、あまりに内容が難解すぎると言うか、もうその単語の存在自体が3次元のものではない気がしてきて、ボクには理解できなかった。つーか、ボクがそんなことをしたら「メイド喫茶で発狂するガリオタ」に酷似した地獄絵図が具現化してしまい、CBCあたりに「無理するイタタなオタク」として取材され、6時のニュースで報道されかねないからね。それはもう丁重にお断りしたいわ。

 だがボクも人間の端くれなんで、どこかで女人分を補完しなきゃいけない。最近だと古賀亮一氏の「ゲノム」旧一巻が奇跡的にブックオフで見つかって、ギャグ分諸々なんか色々と補給できたからなんとかなってる(別にエロマンガじゃないんだが…)けど、それだけで一生もつかって言ったら、リデュース・リユース・リサイクルを推進してやまないこのボクでも流石に焦りを隠せない。


 女人高野こと室生寺に行くしかないかなー。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
骨皮無恥麻呂
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
マンガ、たまに切絵
自己紹介:
 優柔不断、疑心暗鬼。ヌルオタ。ディベートサークルと漫研という、多分全国で唯一のワラジの履き方をしてるよ。
最新コメント
(02/11)
(12/19)
(12/04)
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]