[PR] 美容整形 下衆男児の生態ファイル 連載小説「辻斬侍」(中編) 忍者ブログ
下衆イズム溢れる青年による、共感してはいけない日記。 最近ハタチになった。
[45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 私を包んだその感情…そう、恋。どうやら彼女に人語は通じないようだし、どんな性格、性癖なのかもわからない。しかし、今の私にほとばしるこのHOTなパトスの前には、そんなことは心底どうでもよかった。ナメック星人等とは比較にならないほどに艶やかな緑色、そして何より頭の皿。超萌エルデハナイカ。皿ハァハァ…興奮を抑えきれない私に、彼女も満更ではない様子だ。私達は瞬間、心、重ねた。

 それから私はその河童と行動を共にする。しかし、恋愛経験に乏しい私に、いきなり河童相手というのは多少ハードルが高い気がした。そこで私は超本格社会派漫画「カッパの飼い方」の内容を参考にしようと考えた。

 だがその時気付いた。「飼い方」…そう、私はあくまでも彼女と同等でありたい!「飼う」等とは、そんな傲慢な!不埒な!ついでに言えば、ドMの私がどうして「飼う」側になろうとしようか!許せない!一瞬とはいえ彼女を「飼」おうとなどした私自身を!死ね俺!彼女の輝きに魅せられながら死ね俺!理想を抱いて溺死しろ俺!

 等と自虐的になっていた私を慰めてくれたのはそう、何を隠そう彼女だ。その巨大な水かきで私の涙を拭ってくれたのだ。私はこんなクソブログ上では表現できないほどに感動した。もうこの水かき感無しでは生きていけない…私達は順調に交際し、時には熱いひと時をも過ごした。


 そんな生活が破られたのは突然だった。別の河童が私たちの前に現れた。このまったく萌えを感じない猟奇的なスタイルから判断するにオスであろう。彼はしばらく彼女と言い争っている様子だったが、いきなり首を180度回転させて私のほうを向くと、私に語り始めた。

 「夢棲香ハ俺ノ嫁…オマエテラキモス。オレチョーハンサム。イッテヨシ。」

 次の瞬間、私は怪光線に胴を貫かれる…。

 …そんなバカな。フーリッシュな。私の恋路がこんな形で終焉を迎えるなどと。そして何より、あんな魔導アーマーみたいな攻撃してくるような得体の知れないヤツに彼女を、夢棲香を奪われるとは…認めない、認めないゼ!?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
骨皮無恥麻呂
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
マンガ、たまに切絵
自己紹介:
 優柔不断、疑心暗鬼。ヌルオタ。ディベートサークルと漫研という、多分全国で唯一のワラジの履き方をしてるよ。
最新コメント
(02/11)
(12/19)
(12/04)
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]